横浜市|中区|整体|腰痛改善に良い運動をするメリット

2018/06/12
運動

こんにちは。

今日も元気に横浜市中区の整体院から

有益な健康情報をお届けしていきます!!

 

 

 

さて、近年は運動することに対しての関心が

高まっている気がします。

 

 

 

研究でも運動は健康寿命を延ばす為には

必要不可欠であるということが発表されています。

 

 

 

そこで今回は、

 

 

 

運動習慣が日ごろからある方だけでなく

 

 

 

運動をしたくてもできない方

運動に対して少し否定的な感情をお持ちの方

 

 

 

に、ぜひ読んでもらいたい記事を

書いていきたいと思っています。

 

 

 

男女関係なく運動を習慣にするメリットは

かなりあると壱番館では考えています。

 

 

 

 

しかしながら、運動はメリットを得られる反面

やり方を間違えるとデメリットになってしまう

可能性もあるので運動のメリットだけでなくで

運動することのデメリットも書いていきたいと

思っています。

 

 

 


運動のメリット

 

 

 

 

体型維持しやすくなる

 

 

運動は年齢や性別に関係なく確実に

体型維持に一役買います。

 

 

 

ほとんどの場合、学生生活が終わると

運動習慣がなくなるので今まであった

代謝しやすい体質から激変します。

 

 

そして、年齢を重ねるごとに基礎代謝も

落ちていくのに食事の量が変わらない・・・。

 

 

 

そうすると、脂肪がつきやすくなります・・・。

 

 

 

脂肪がつきやすくなるのはもちろん

運動習慣があるときについていた

マイナーな筋肉も落ちていってしまします。

 

 

そのため、体型がなんとなく

丸くなっているのに

 

 

 

「昔から体重全然変わらないんだよね」

 

 

 

なんて言ってる人は実は筋肉が落ちて

それ以上の量に脂肪が

増えているということです(笑)

 

 

※運動習慣がない人に限ります。

 

 

 

脂肪は筋肉よりも軽いので為

体重がずっと同じということは

運動していないとすれば

おそらくそれは脂肪が増えているだけです。

 

 

 

体型維持しているかどうかは

体脂肪率と見た目で判断すること。

 

 

 

そして、それを維持するには

カロリー消費量を高めてくれる運動で

体型維持をしていきましょう。

 

 

 

※ちなみに軽い運動はかえって

お腹を空かせてしまうので食べ過ぎないように注意する。

 

 

 

または、多少運動負荷を強くすることで

食欲が抑えられます。

 

 

 

体型を維持できるとすれば運動のメリットと

捉えていいですよね?

 

 

 

 


健康的になる

 

 

身体に多少の負荷をかけることで

身体は健康さを増していきます。

 

 

 

ストレスに強い人は遺伝の問題もありますが

ストレスの多い場面を乗りこえていきている人が

多いような気がします。

 

 

元々ストレスに耐性があっても全くストレスの

かからないような状態でいるとストレス耐性は落ちます。

 

 

だってストレスに耐えていないんですから・・・。

 

 

 

何が言いたいかというと

健康もこれと同じで、多少でも身体を動かさないと

健康とはかけ離れてしまいます。

 

 

ですが、少しずつ体に負荷をかけていくことで

血流が良くなったりストレス耐性が上がったりと

大きなメリットになっていきます。

 

 

すぐに効果は出ないですがやはり

何事も継続していくことが大事です。

 

 

 

オーバーワークになると運動のデメリットに

なりますので最初はウォーキングなどの

軽めの運動をしていきましょう。

 

 

健康的な人は運動をしていることが多いです!

 

 

運動がデメリットではなく

運動のメリットに変えていきましょう!!

 

 


血流が良くなる

 

 

 

現代では食生活もですが運動不足によって

血流が悪くなってしまってることが多いです。

 

 

 

特に冷え性の方などは血流が悪い可能性が

高いと思われます。

 

 

運動をすることで全身の筋肉を使い

その結果血行は良くなり冷え性が改善したり

体温が上がることで免疫力も上がります。

 

 

 

男性の場合、免疫力が高い方がテストステロン

(男性ホルモン)が高い方がモテやすいと言われています。

 

 

 

学生の時、顔や性格が悪いのに運動部の男子は

やたらと女子にモテていた記憶があります(笑)

 

 

 

運動のメリットは血行改善や健康だけでなく

もしかしたら恋愛でもがあるかもしれません(笑)

 

 

これも運動のメリット!?ですね・・・(笑)

 

 

 


アンチエイジングに期待

 

 

 

若い男性の方はまだアンチエイジングについて

考えることは少ないと思いますがはっきり言って

年老いてから取り戻すのは難しいものです。

 

 

 

若い間から老化対策をしていくといいと思います。

そんな中で運動はかなりアンチエイジングに期待できます。

 

 

 

というより運動をしていれば知らず知らず

アンチエイジングをしているということになります。

 

 

 

運動することでカロリーをしっかり消費して

肥満になりにくい身体も作れます。

 

 

 

成人病や糖尿病などの予防にも繋がり

悪い事がないくらい運動にはメリットがあります。

 

 

 

また運動のメリットとして現代では避けて通れない

認知症の予防にもなるといわれています。

 

 

 

筋力トレーニングではテストステロンや

成長ホルモンの分泌も高めることができますね。

 

 

 

成長ホルモンは先述した、アンチエイジングに

とても大切で疲労回復や肌の質を整えるためには

重要な役割を果たしてくれます。

 

 

 


ストレス解消

 

 

 

好みによってジョギングなどの有酸素運動の方が

いい場合や、無酸素運動が良い場合もありますが

運動はどんなものでもストレス解消にとても効果的です。

 

 

 

精神的なストレス(就労や学業、人間関係など)は

肉体的ストレス(トレーニング、フットサルなど)によって

解消することができるのでうまくバランスを

取っていけるとベストですね。

 

 

 

 

 

 


睡眠の質が高まる

 

 

デスクワークをする方に多いのが

「疲れてるのに夜なかなか寝付けない」

ということです。

 

 

 

そんな時は、運動で適度に体を疲労させたり

ストレス解消をすることで睡眠の質が高まります。

 

 

 

運動はできるだけの量でいいですが

無理しない程度に30分×週5程度の運動量を

確保することでかなり睡眠の質を

高めることができます。

 

 

 

注意としては寝る前の筋力トレーニングなどは

交感神経を刺激してしまう恐れがあるので

極力寝る前には運動は控えましょう。

 

 

 

 


脳の働きが良くなる

 

 

 

運動と脳の働きには大きな関係があると言われています。

心拍数を高めることで脳への血流が増えます。

 

 

 

その結果、考える力や集中力が高まります。

 

 

実は、朝一で運動をすればその後の仕事や

勉強の効率も上がるのはこのためです。

 

 

 

ジム通いなんかも朝にランニングしてから

出社する方も多いそうですね。

 

 

 

しかし基本的に起床してすぐの運動はNGです。

 

 

 

起きてから1~2時間経過してから運動を

始めて下さいね。

 

 

 

心臓に負担が係り過ぎてしまいますので・・・。

 

 

 


運動のデメリットは?

 

 

 

運動のメリットをこれまで紹介してきました。

 

 

 

しかし、運動はメリットばかりではなく

デメリットも当然あります。 

 

 

 

しっかりとデメリットも理解して

運動のメリットを最大限に引き出せるように

していきましょう。

 

 

 

 


やりすぎは老化の原因に

 

 

 

運動が習慣になり効果も表れてくると

特に筋力トレーニングの場合に多いですが

 

 

 

運動強度をさらに高めないと効果がないのでは?」

「トレーニングや運動を休んだら太るんじゃないか?」

と思い始めてしまう人も結構多いです。

 

 

 

しかし運動をするということは

老化の原因である活性酸素が発生します。

 

 

激しい運動の後などに過剰に発生する

活性酸素が細胞を錆びさせてしまうときに

発生するといわれています。

 

 

 

この活性酸素が変性したたんぱく質が

脳へ疲労として信号を送ると同時に

筋肉や細胞の働きの低下して疲労感

として感じます。

 

 

 

実はこれが本当の疲労感の正体です・・・。

疲労の正体は乳酸ではありません・・・。

 

 

 

本来その活性酸素も体内で除去してくれますが

運動をやりすぎたり強度が高すぎて

除去できる限界がくるとその分は体内で

除去しきれなくなりますので注意が必要です。

 

 


オーバーワークは

デメリットしかない!!

 

 

 

オーバーワークになってしまう人がいます。

 

 

オーバーワークとは運動量が多すぎて

身体の回復が追いついていない状態です。

 

 

 

自分がオーバーワークなのかを

見極めるのは非常に難しいですが

 

 

 

 

☑やる気が出ない

 

☑食欲が落ちている

 

☑疲労がとれていない

 

☑寝つきが悪い

 

 

 

などがあれば可能性があります。

 

 

 

オーバーワークになるとホルモンの分泌だけでなく

ケガの基にもなりますので注意したいところです。

 

 

 

 


効果的な運動量とは?

 

 

 

運動量はその方の今までの運動習慣によって

変わってくるので残念ながら100%の基準はありません。

 

 

 

最近ではウォーキングより強度の高いウォーキングや

HIITトレーニングなどで運動時間が短くても

しっかりとした運動量を保つことができます。

 

 

たしかに1日30分ほどウォーキングを

毎日したとしてもオーバーワークにはならないので

ほとんどの人は気にする必要がないですが。

 

 

 

でも、どうしても歩き過ぎちゃうことや

歩かないといけないときって

あるじゃないですか?(笑)

 

 

ただし1度の運動時間はできれば45分以内

インターバルも考えると1時間以内に

収めるようにしましょう。

 

 

 

45分を過ぎた辺りからストレスホルモンである

コルチゾールが増えるので運動のデメリット部分が

大きくなってきてしまいます。


まとめ

 

運動はやりすぎるとオーバーワークになります。

マイナス面が大きくなってしまいがちです。

 

 

 

しかし当院が考える健康になる運動とは

運動のメリットを最大限に引き出すために

身体のメンテナンスを日ごろから

意識して運動するときと休めるときを

適切に判断して行うことを健康になる運動。

 

 

 

 

だと考えています。

 

 

 

運動自体はどんな運動でも

身体に普段受けない過負荷を与えて

身体にストレスを与えます。

 

 

 

ストレスを与え続けた身体は

いつか壊れてしまいます。

 

 

 

オーバーワークについてあまり詳しくない方も

いらっしゃるので言っときます。

 

 

 

知らない間にオーバーワークになっています。

意外と人間の身体ってすぐ壊れます。 

 

 

 

成長期でも成人でも、老人でも皆同じ。

 

 

 

自分の体に合った運動をしましょう。

 

 

 

運動習慣がないなら家の周りを

歩くだけでもいいです。

 

 

 

とにかく運動習慣をつけていくことが大事です。

 

 

 

運動習慣がついたら今度は時間を

増やしていくといいですね。

運動のメリットとデメリットを書いてきました。

 

 

 

運動のメリットとデメリットをしっかり理解して

それぞれが目指す健康な身体を

作っていってほしいと思います。

 

 

 

壱番館ではこのように運動のメリットを

理解したうえで適切な運動習慣と

そのパフォーマンスを上げるお手伝いを

させていただいています。

 

 

 

・運動したくても何から始めていいかわからない方

 

・運動をしているのだけど効率が悪い方

 

・身体のどこかが痛くて好きな

 スポーツが出来ない方

 

・もっとスポーツの成績を上げたい方

 

・トレーニングのやり方が分からない方

 

 

もしいらっしゃいましたら

ぜひ整骨院 整体院 壱番館へお問い合わせください。

 

 

 

お役に立ちますよ!!

 

 

 

 

 

電車に乗ってでも来る価値のある整体院

を目指しています!!

 

 

〒231-0842

神奈川県横浜市中区上野町1-26

 

どこに行っても改善しないお身体のお悩みなら

     

☎045-308-8838    整骨院 壱番館