鵞足炎(膝の内側の痛み)について横浜市中区の整体院が解説

2019/01/30
横浜市 中区 整骨院 整体 膝の痛み

整体院/整骨院壱番館の考える

鵞足炎の原因と施術

 

 

 

 

横浜市中区にある整体院/整骨院壱番館から

皆さまに有益な健康情報を発信していきます☆

 

 

 

今回は、鵞足炎についてです。

 

 

 

ん?鵞足炎?

 

 

 

聞いたことないよ!!

 

 

 

そんな声が聞こえてきそうです(笑)

 

 

 

鵞足炎は、簡単に言うと、

膝の内側が痛くなることです。

 

簡単に言うとですよ?(笑)

 

 

 

寒い時期も手伝ってか、

この膝の内側の痛み、いわゆる鵞足炎の

患者さまが地味~に増えてきています。

 

 

 

そこで今回は壱番館が考える鵞足炎の原因と

その施術方法を解説していきます。

 

 

 


 

目次

1.鵞足炎とは

2.鵞足炎になりやすい人

3.壱番館の鵞足炎への施術

4.鵞足炎の予防と対策

 

 

 

 


 

1.鵞足炎とは

 

 

 

まず、鵞足とは?

 

 

 

3つの筋肉が膝(脛骨)の内側に

付着するところを鵞足と呼びます。

 

 

 

この付着部がガチョウの足の様に

見える事から鵞足と言われています。

 

 

 

鵞足が構成される筋は

縫工筋、薄筋、半腱様筋の3つで、

半腱様筋は足の後ろ側から前にかけて

伸びてきているのが特徴です。

 

 

 

膝の内側が痛くても、後ろ脚の筋肉が痛みに

関与しているかもしれないという事です。

 

    

 

主にランニングやジャンプ、ステップの

繰り返しによって膝の皿の下や

内側に痛みが生じることを一般的に鵞足炎と言います。

 

 

 

症状が悪化すると、歩いていても

痛みが生じるようになります。

 

 

 

また患部に熱を持ったり、

腫れが出て赤くなることもあります。

 

 

 

膝を完全に伸ばしたとき、

また階段の昇り降りに痛みを感じる

ケースが多いので日常生活に

おいても鵞足炎になる可能性はあります。

 

 

 

運動をする人やスポーツ選手などは

走る動作、ジャンプの着地、ステップ動作

などで痛みが生じます。

 

 

 

 


 

2.鵞足炎になりやすい人

 

 

 

 

 

・骨盤や股関節・膝・足の関節の不具合

 

人の身体は単体では動きません。

 

 

 

筋肉同士と関節、その他軟部組織が

連動して一つの動きをします。

 

 

 

膝関節の場合だと、

主に足関節・股関節まわりの

筋肉が連動して膝を曲げます。

 

 

 

イメージしてください。

 

 

 

歩くとき、膝だけ曲げて歩きませんよね?

 

 

 

いろんな関節が動いてますよね?

 

 

 

 

 

その際注意したいのは、

膝が痛いから膝だけしか見ていないと、

どうしても治療に時間がかかります。

 

 

 

 

 

 

・スポーツなどの繰り返しの動作

 

普段スポーツをする人だけでなく、

日頃身体を動かしていなかった人が

急に体を動かしたりすると鵞足炎に

なる事もあり得ます。

 

 

 

仕事内容が内勤から外回りに変わった方

普段から重たい物を運んで身体を使う人は

鵞足炎になりやすいので、身体のケアを

しっかりする事をお勧めします。

 

 

 

 

 

・偏平足や内また、X脚

内またになる事で膝の内側で筋肉・腱が

膝の内側の骨との摩擦を生みます。

 

 

内またの人は、比較的、靴の内側ばかりが

すり減ってしまう事が多いのも特徴です。

 

 

 

内側がすり減るという事は、

偏平足にもなりやすいので

注意が必要です。

 

 

 

上記に当てはまる方や最近、仕事も含めて

オーバーワーク気味だと思う方は、

ケアをしっかりとやりましょう。

 

 

 

 


 

3.壱番館での鵞足炎の施術

 

 

 

 

 

壱番館で鵞足炎を施術するときは

ただマッサージやストレッチのみではなく

身体のバランス、使い方などを気にしながら

施術していきます。

 

 

 

もちろん、患部に対しての治療も

大切になってきますので、患部に対しては

物理療法などを行います。

 

 

 

痛みのある場所だけではなく

「痛みの根本的な原因」に対して

アプローチしていきます。

 

 

 

☑全身バランス調整 

人の身体には『解剖学的肢位

という身体のどこにも負担がかからない

姿勢が存在します。

 

 

 

これは壱番館でも使用するKYTという

手技を考案されたKen Yamamoto先生の

推奨する肢位です。

 

 

 

壱番館ではこの解剖学的肢位に基づき

姿勢の悪さや、骨盤をはじめ左右の

アンバランスを調整していきます。

 

 

 

☑患部の治療

痛みの出ている患部に対しては

筋膜リリース」⇒コンプレフロス

立体動態波/」

「3D微弱電流」

ハイボルテージ治療器」

を患部の状態によって使い分けながら

患部の除痛や炎症の抑制、

組織の回復を図っていきます。

 

 

 

 

☑関節調整・矯正

カウンセリング時に確認した

可動域が狭い関節に対して

調整・矯正を行っていきます。

 

 

 

関節可動域が拡がることにより

鵞足炎の再発防止・スポーツなどの

パフォーマンスアップも期待できます。

 

 

 

 

 

 

鵞足炎の

予防と対策

 

 

 

 

鵞足炎予防と対策

 

 

☑運動不足と使い過ぎに注意する

 

運動不足の方が急に運動したり、

仕事上歩くことが増えると鵞足炎に

なる方が多いと考えられます。

 

 

趣味などでつい無理をして痛くなることが

ほとんどなので、やむを得ない場合を除いては、

しっかりと身体を準備してから臨みましょう!

 

 

 

☑内またにならないよう歩き方から注意する

 

鵞足炎になりやすい方の特徴にもありますが、

足の内側をよく着いてしまう方が多いので

なるべく足の裏全体を衝くような歩き方にしましょう。

 

☑普段から腿の裏と内側のケアをする

 

内転筋、ハムストリングスの

マッサージ・ストレッチをよく行い

痛みが出た部分を日頃からしっかりとケアしましょう。

 

 

 

セルフケアやストレッチは短時間で効果が

出るものではありませんが、痛みが出る前に

やっておくことでや鵞足炎未然に防いだり

再発予防に役に立ちます。

 

 

 

 

 

最後に

 

 

 

 

 

ここまで紹介してきた鵞足炎ですが

膝の疾患の中でも非常に多い疾患です。

 

 

 

また、意外と完治までに時間を要する場合が

ありますので、膝が痛いと思ったら、放置せず

早期に治療していくことを強くおすすします。

 

 

 

一向に良くならない膝の痛みや、

治ったと思ってもまた症状が再発して

しまう場合もありますので、膝だけの治療に

限らず体の悩みがあればぜひご相談ください。

 

 

 

電車に乗ってでも来る価値のある整体院

を目指しています!!

 

 

 

〒231-0842

神奈川県横浜市中区上野町1-26

 

どこに行っても改善しないお身体のお悩みなら

     

☎045-308-8838   整体院 整骨院 壱番館