長く続く肩の痛みやしびれでお悩みの方へ|横浜|中区|整体

2019/02/07
横浜 中区 整体 接骨院 四十肩

長い間肩の痛みやしびれで

お悩みの方へ

 

 

 

 

横浜市中区にある整体院/整骨院壱番館から

皆さまにとって有益な情報を発信していきます!!

 

 

 

突然ですが、肩が痛い・・・

こりゃ肩こりとはちょっと違うな・・・

 

 

 

そんな方の為に、

 

 

今回は、肩の痛みの種類について、

日常で起こり得そうなものを中心に

どんなものがあるのかをまとめてみました。

 

 

 

はじめに

 

 

 

まずはじめに、肩が痛い、挙がらない、

動かすと痛いから四十・五十肩ってことには

ならないことを頭に入れておきましょう(笑)

 

 

 

・肩関節の特徴

 

肩関節は、人のからだで股関節と並び

可動性の高い関節です。

 

 

 

いろんな方向へ動かせる関節です。

 

 

 

しかし、そんな可動性の高い肩関節は

実は、関節の受け皿は浅く、動きのほとんどが

筋肉や靭帯・軟部組織に大きく依存していると

いわれてきています。

 

 

 

簡単に言うと、肩の関節を作っている

筋肉、靭帯・軟部組織にかかる負担は

非常に大きく怪我をしてしまう可能性も

高いと言えるでしょう。

 

 

 

・肩関節の構造

 

肩関節とは、

上の骨と肩甲骨で構成されています。

 

 

肩甲骨にある受け皿に上腕骨の丸い頭が

はまったように構成されています。

 

 

 

その周囲には、肩関節の安定性を

保つために多くのの筋肉・腱・靭帯により

支えられています。

 

 

 

 


肩関節の疾患には

どんな種類があるの?

 

 

 

※ここで挙げる方の疾患はあくまでも

整体院/整骨院 壱番館が考えたときに

出てくる一般的な肩の疾患です。

 

 

 

これ以外にも当然、肩の疾患は

たくさんありますのでご注意下さい。

 

 

 

 


1.四十肩・五十肩

 

もっとも一般的に知られている肩の疾患。

 

 

 

肩が痛いとすぐ四十肩?五十肩?と

聞いてくる方が多いです(笑)

 

 

実際の原因は諸説あり、原因も様々なので

 

 

すべての肩の痛みが四十肩・五十肩だと

思い込まない様に!!

 

 

四十肩・五十肩の総称は肩関節周囲炎

といいます。

 

 

いちばんの特徴としては

夜寝ている時にものすごく痛みが出る

夜間痛というものです。

 

 

 

夜に肩が痛くて目が覚めてしまうような方は

もしかすると四十肩を疑わなければいけません。

 

 

 

加えて、四十肩・五十肩の症状は、

改善しにくいケースが多いです。

 

 

 

仮にその激しい肩の痛みが、

1・2回で改善した場合は

その程度の痛みだったと思いましょう。

 

 

 

もし、四十肩・五十肩だと思ったら

早めに治療を開始することを強く

おすすめします。

 

 

 

 


2.石灰沈着性

 

石灰が肩の関節に沈着して激しい痛みを

伴う疾患です。

 

レントゲン投影などで比較的に

簡単に見つかるケースが多いです。

 

 

 

石灰沈着の場合、早期回復が可能な

ケースもありますのであまり診断名に

惑わされないようにしましょう。

 

 

 

 


3.インピンジメント症候群

 

インピンジメントとは、『衝突』という意味。

 

 

肩関節の内で、靭帯や筋肉が挟まって

炎症を起こしてしまう事により痛みが生じます。

 

 

 


4.腱板炎・腱断裂

 

肩の中の筋肉(主にインナーマッスル)に

何らかの原因で炎症生じ、損傷した状態。

 

 

 

重度では断裂してしまいます。

 

 

ご高齢になると知らずに損傷や断裂を

されている方も少なくはありません。

 

 

 

ただし、動きですぐに分かります(笑)

 

 

 

自分ではあんまり肩を使っている認識は

ないですからね・・・。

 

 

 

使い過ぎて、肩痛て~な~っ

て思ってたら、知らずに

腱が切れていることもあります・・・。

 

 

 

 


5.肩峰下滑液包炎

 

肩峰下滑液包とは、肩甲骨のはじっこと

腕の骨の間にある、中に液体の入った袋の事です。

 

 

 

この滑液包が、骨と筋肉間の摩擦を減らす

役割を担っています。

 

 

 

この滑液包に炎症を生じてしまい

関節の中の摩擦を減らすことが出来ず

痛みが出ることを滑液包炎と呼びます。

 

 

 

これも、肩の関節に痛みを出す

原因の一つとなります。

 

 

 

 


6.上腕二頭筋長頭腱炎

 

上腕二頭筋は、いわゆる力こぶの筋肉です。

 

 

上腕二頭筋には、文字通り長い筋肉の長頭と

短い筋肉の短頭と2つに別れていることから

上腕二頭筋と名づけられました。

 

 

 

この長いほうに炎症が生じてしまうことを

上腕二頭筋長頭腱炎と呼んでいます。

 

 

 

肩の前側に痛みが出てきてひどい方だと

腱が切れてしまい力こぶの位置が

本来の位置からずれてしまう事もあります。

 

 

 

この症状は他の肩の疾患に比べて

徒手検査で判別がつきやすい症状です。

 

 

 

割と重たい物を持つ力仕事の方に

多い疾患なので心当たりがある方は

日ごろからお身体のケアをしっかりと

しておきましょう。

 

 

 

 


肩の痛みでお困りなら

整体院/整骨院 壱番館

 

 

 

 

 

肩関節の痛みと言っても上述したように

原因も症状も十人十色です。

 

 

 

上記以外にもまだ肩の疾患はありますが、

原因が特定しづらいのもまた、

肩関節の疾患の特徴です。

 

 

 

当院では肩における痛みの原因や説明を

しっかりお伝えすることを大事にしています。

 

 

 

すぐに改善が難しい症状などには、

素直に時間がかかるとお伝えします。

 

 

 

これは技術がないとかの問題ではなく

安易に患者さまの期待をあおるようなことは

したくないからです。

 

 

 

早期改善ができるように

精いっぱい施術させていただきます。

 

 

 

肩の悩みでお困りでしたら、ご連絡ください!!

 

 

 

整体院/整骨院壱番館は

電車に乗ってでも来る価値のある整体院

を目指しています!!

 

 

 

〒231-0842

神奈川県横浜市中区上野町1-26

 

どこに行っても改善しないお身体のお悩みなら

     

☎045-308-8838   整体院 整骨院 壱番館