朝起きたら腰が痛い時の予防と対処法|横浜|整体

2019/08/22
横浜 整体 朝起きたら 腰が痛い

朝起きたら腰が痛いあなたへ

 

 

 

横浜市中区にある整体/整骨院壱番館から

皆さまにとって有益な健康情報をお届けします!!

 

 

 

目次:

1.はじめに

2.なぜ朝起きたら腰が痛くなるのか

3.朝起きたら腰が痛い人がしがちな4パターン

4.朝起きたら腰が痛い時の対処

5.さいごに

 


 

はじめに

 

 

 

腰痛の施術をしていくと結構な頻度で

聞く症状があります。

 

「朝起きたら腰が痛いんです・・・。」

 

もしかして、経験ありますか?

 

もし朝起きたら腰が痛いなんてことに

なったことがある方は必見です!!

 

今回は、朝起きたら腰が痛くなる原因と対処法を

整体/整骨院壱番館なりに考え、

お伝えしていければと思います。

 

 


 

2.なぜ朝起きたら腰が痛くなるのか

 

 

 

まず、一般的には夜間や寝ている時などは

日中ほど活発に動かないはずです。

 

そのためか、腰痛になった次の日には

腰痛は改善していそうなイメージですが、

実際には起床時に腰痛が

辛く起き上がれない患者が意外に多くいます。

 

中には、腰痛で目が覚めてしまう人もいます。
 

夜間に身体を動かさないでいると

関節、靭帯、筋肉、筋膜などが固まってしまい、

朝動かすときに痛みが出ると考えられています。

 

腰痛で重要な椎間板内圧は、

寝ているときに椎間板内圧が最も低く

腰痛とはあまり関係がないように

思われるかもしれません。

 

しかし実際のところは日中に椎間板内圧が

高くなったところに水分が外に押し出されていた。

 

その結果、内圧の低い夜間に

椎間板内に溜まる可能性がある。

 

壱番館の見解もほぼ上述した通りなのですが

もう少しわかりやすく言うと・・・

 

「痛みが出ている所に酸素が足りてない」

 

という事です。

 

酸素をしっかり患部に供給するためにも

定期的な施術が必要なのです。


 

 

 

3.朝起きたら腰が痛い人が

しがちな4パターン

 

 

 

パターンA:

寝方自体に問題がある→

寝ている姿勢に問題があるため、

朝腰痛が起こることがあります。
 

 

パターンB:

腰に疲労が溜まりすぎている→

仕事や運動を長時間続けると、当然ですが

腰や身体に疲れが溜まり、その疲れが抜けず、

朝腰痛が起こりやすくなります。
 

 

パターンC:

姿勢が良くない→

1日中パソコンをやっているような姿勢を

し続けていると、朝起きた時に腰痛が

起こることがあります。

 

 

パターンD:

内臓に疾患がある→

胃潰瘍や十二指腸潰瘍、膵炎などに

罹患していると、朝起きたときに腰が痛い

という現象が起こりやすいと言われています。

 

 

 

この場合は、適切な専門医療機関を

受診すべきでしょう。

 

 

もちろん、朝起きた時の腰の痛みは

この4パターンだけではありません。

 

他の事が原因で腰痛になる方も

当然いると思います。

 

上記の4パターンだけを決めつけない事も

大事だと思います。

 

しかし、朝起きて腰が痛い人は

この4パターンのどれかに当てはまる

可能性が高いかもしれませんね(^^;)

 


 

 

4.朝起きたとき腰が痛い人の対処法

 

 

 

寝返りをする

 

基本的に、朝起きた時の腰痛が

酸素が十分供給されていないことが問題だとしたら

寝返りを十分にするという事がまず第一に挙げられます。

 

もちろん意識的に寝返りが出来ているかなんて

分かるわけがないですよね・・・。

 

なので、ご家族の方などに、自分寝ているとき

寝返りを打っているかなどを確認したり、

寝方にも気を付けるという事が大事です。

 

 

 

水を飲む

 

また、酸素が供給されていないという事は

体の中の水分も十分に足りていない可能性が高いです。

 

ですので、寝る前にコップ2杯くらいの

水をしっかりと摂って就寝することを

おすすめしています。

 

※コップ1杯では夜寝ている時に不感蒸泄で

 体外に出てしまう恐れがあるので少なくとも

 就寝時はコップ2杯を目安に飲んで下さい。

 

 

 

寝具に気を遣う

 

ベッドのマットレスを

柔らかいもの→硬めのものにすることも

朝起きた時の腰痛を和らげてくれるかもしれません。

 

なにも今使っているベッドが柔らかいから

硬いマットレスに強制的に変えろと

言っているわけではありません。

 

マットレスも長年使っていると、

その人が寝ている形に添って

中の素材がへたってきます。

 

それを防ぐために、マットレスを

前後左右裏表ローテーションしてあげます。

 

そうすることでマットレスの

偏りやへたりを防げます。

 

 


朝起きた時にストレッチ

 

朝起きたときベッドや寝具の上で、

体を前後左右にゆっくり揺らします。

 

次に片方の膝を90°曲げた状態で持ち上げ、

そのまま外側に倒します。

反対側も同様に行います。

 

朝起きて腰が伸ばせない人が多いので、

しばらく腰を曲げたままにして、その後に

ゆっくりと柔軟体操をしてみるのも良いかもしれません。

 


 

 

5.最後に

 

 

 

朝起きた時の腰痛って本当に多いです。

 

上述した原因が当たっているのであれば

生活環境を見直したり、食生活を改善させれば

ちゃんと良くなることも多いと感じます。

 

しかし、その痛みや違和感を、

何となくやり過ごしていたりすると、

ギックリ腰や、坐骨神経痛になってしまう

事だって考えられます。

 

朝起きた時に腰が痛いのであれば

ちゃんと良くしておくべきだと思います。

 

電車に乗ってでも来る価値のある整体院

を目指しています!!

 

 

 

231-0842

神奈川県横浜市中区上野町1-26

どこに行っても改善しないお身体のお悩みなら

  

045-308-8838   整体院 整骨院 壱番館